*

サロンのオープン広告作成とヘアスタイル撮影のコツをマスターする① 

皆さんこんにちは!
ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクターの眞田時成です。

美容室新規オープン 広告に使えるヘアスタイル撮影

さて先日撮影させて頂いたヘアスタイル写真。

普段はスマートフォンでのヘアスタイル撮影をお勧めしていますが

メインのヘアカタや広告などのキービジュアルや季節ごとのイメージなどは、やっぱりある程度以上のクオリティが必要だと思います。

スマートフォンで撮るヘアスタイルは、リアリティのある感じで、こんなお客様に来て頂いています!

こんなヘアスタイルを実際にさせて頂いています!と言う意味での写真で、とにかく数と更新頻度がとても重要。

そして広告や季節ごとのキービジュアルなどは、サロンのクオリティを伝える、サロンのブランドイメージを伝える、そんな意味である程度以上のクオリティが必要だと考えています。

そのある程度以上・・って難しいかも知れませんが、一般の方が普段見ている雑誌やコマーシャルはプロのカメラマンが撮っています。それがコマーシャルとしての標準のクオリティと認識している状態です。

そんな認識だから目が肥えていると思っていいと思います。

なので、ある程度以上のクオリティがないと・・・勿体無いことになってしまうのではないかと思います。

 

さて、話を戻して

コマーシャルの際のヘアスタイル撮影のポイント

ヘアスタイル撮影マスターセミナー-美容室ヘアカタログ撮影のコツ-オープン広告作成-サロン新規オープン

コマーシャルの際のヘアスタイル撮影のポイントを順番に①〜③までシリーズで紹介して行きたいと思います。

まずヘアスタイル撮影マスターセミナーの上級編でお伝えしている内容ですが・・・

明るさの設定とイメージ

単純に白バックでも奥行きのある感じや、白い壁の前だったり、ふんわり光に包まれた白だったり・・色々な白があると思いますが

どれがいいか?どれがカワイイか?ではなくて

サロンのイメージはどんなイメージなのか?=ブランディングに関わる部分だと思うのですが

マットな白い壁のサロンなのか? 光沢のある白い壁のサロンなのか?

そんな部分だったり、メインのお客様のクラスター・・例えば雑誌で言うと、どの雑誌なのか?

そんな部分からどんなイメージで写真を撮るのかが変わって来ます。

 

それからデジタルカメラで撮るときは

若干暗めというか、ドンピシャよりも1/3 ~ 1/2 暗い感じで撮っておいて、撮り終わった後でパソコンでドンピシャに合わせるのがお勧め。

 

ヘアスタイル撮影マスターセミナー-美容室ヘアカタログ撮影のコツ-オープン広告作成-1 ヘアスタイル撮影マスターセミナー-美容室ヘアカタログ撮影のコツ-オープン広告作成-2

ヘアスタイル撮影マスターセミナー-美容室ヘアカタログ撮影のコツ-オープン広告作成-3 ヘアスタイル撮影マスターセミナー-美容室ヘアカタログ撮影のコツ-オープン広告作成-4

 

デジタル写真の世界で白と黒は何も写ってない状態

今回は白の扱いに関して説明します。

例えば肌の部分で見てみると、白が加わってくると ふんわり綺麗で透明感が出てくるイメージにはなるのですが、色が薄く感じられます。

ヘアスタイル撮影のコツ1

ある程度、白を抑えると(少し暗めに撮っておくと) メイクの色やヘアカラーの色も分かりやすくなります。

 

ヘアスタイル撮影のコツ2

そして白が強すぎると・・再現ドラマの1シーンみたいになってしまう。

 

ヘアスタイル撮影のコツ3

 

ライティングが固かったり、コントラストが高いと安っぽい感じに見えてしまう。

ヘアスタイル撮影のコツ4

 

単純に白っぽい感じで・・と言っても、ヘアカラーもメイクの色も全体の雰囲気も、全部がドンピシャって難しいのです。

だからある程度暗めに撮っておいてドンピシャに後から調整するのがベスト。 逆に言えば、後で調整をしやすいように撮っておく。

フィルムの時代は、フィルム自体にラチチュードと言って表現できる幅がめっちゃ広かったから現像の時点で絶対にドンピシャ!を狙う事ができましたがデジタルはフィルムの表現力には叶わない。だから撮影したデータにフレキシブルな部分を持たせる。それがプロの仕事の世界です。

 

特に東京での仕事では、雑誌や広告・ホームページなどの撮影では撮った後に、掲載する媒体(雑誌やホームページなど載せるもの)によって、ドンピシャのイメージを創ってから入稿するのが普通です。東京以外はあまり氣にしてないようですが^^;

やっぱりイメージをしっかり伝えるという意味で、現場でしっかりと創りこんでいるので、最後の最後のツメが甘いと残念な広告になってしまうので、できれば使うカットが決まったら、媒体に応じて色や明るさの調整をしっかりとするといいと思います。

 

色や明るさをドンピシャにすると・・

ヘアスタイル撮影のコツ5完成形

ドキッとするくらいカワイイですね^^♫

 

 

 

それでは今回はこのへんで^^ 近いうちに②を書きますね^^

 

 

ヘアデザインも撮影も、やってみて 続けてみて 上手くなるんです。

まずはチャレンジ!でオッケーです♬ 続けることで必ず上手くなります。

 

コツは上手くやろうとしないこと。続けることで上手くなるんです。
いつもブログを読んで くれて有り難うございます。

応援クリックお願いしま〜す^^

有り難うございます☆

今日も素敵な一日をお過ごし下さいね☆

 
関連リンク

眞田時成撮影&ライティングセミナー

http://www.atelier-scene.com/hb/cn15/pg181.html

一眼レフ用撮影機材 美容室専門撮影照明機材ならここで
ヘアスタイル〜ファッションまで撮影できるストロボライティングセット
http://www.toki37.com/sanada-flash-light-set/

 

集客や販促は1つ1つ丁寧に組み立てていくコトが大切です^^

 

関連記事

2014広島クリエイティブ研究会 第5回開催しました☆ ブラックライトでの撮影☆

広島クリエイティブ研究会 今回もデザインと撮影のスキルアップを目指して美容師さんが集まりました。

記事を読む

松山のジョージさんでクリエイティブ研究会第3回をさせて頂きました☆

皆さんこんにちは! ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクターの

記事を読む

ヘアスタイル撮影の必需品☆簡単なレフ板作りの材料と作り方

皆さんこんにちは。 マーケティングアートディレクター&美容専門のプロカメラマン眞田時成です。

記事を読む

canon70Dで大型ストロボ撮影☆神奈川でスマートフォン&一眼レフヘアスタイル撮影&ライティング セミナーをさせて頂きました^^

今や全国的にヘアスタイルの撮影と掲載などは必須の項目となって来た感じが凄く強くなった今日このごろ・・

記事を読む

恵比寿 美容室クローバーさんでヘアスタイル写真が綺麗にカワイイ感じに撮れるライティング

皆さんこんにちは! ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクターの

記事を読む

no image

VOGUEなどのヘアデザインとメイクの構成の考え方

皆さんこんにちは! ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクタ

記事を読む

『ビューティーボックスライト』の使い方/ ヘアスタイル撮影の照明・ライティング

ビューティーボックスライトでのライティングの参考例をご紹介します。  

記事を読む

第三回広島クリエィティブ研究会☆ヘアデザイン&一眼レフスキルアップ開催しました☆

皆さんこんにちは! ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクターの

記事を読む

やっと入管が完了のヘアスタイル撮影照明機材を点検してもらってます☆

みなさんこんにちは。 写真やPOP.ブログやFacebookなどで価値を伝えて選ばれる仕組みと

記事を読む

イメージ毎のヘアスタイル撮影・ファッション撮影のライティングの解説yuriちゃんシリーズ③

さて2015年もすでに2月になりました。あっという間に月日が過ぎます。 作品撮影がアチコチでス

記事を読む

ガチで実例から考えるスタッフ活性化ミーティング in Okinawa _ スタッフ育成と売上アップ!

こんにちは。久しぶりのマーケティングアートディレクターの眞田です^^

大阪でデザインの組み立て方・魅せる作品創りと撮影のコツを掴むフォトデザインセミナー

今回は大阪で美容師さん向けにフォトデザインセミナーをさせて頂きました。

『ビューティーボックスライト』の使い方/ ヘアスタイル撮影の照明・ライティング

ビューティーボックスライトでのライティングの参考例をご紹介します。

web予約システムで新規客を増やす・ネット予約を増やす方法とポイント① / ホットペッパーを使いこなして脱却する準備をしよう!-④

  さて今回はサロンの為のネット予約の増やし方です。

原版 今だからこそ、ホットペッパーを脱却する準備をしよう!①

ホットペッパー脱却のシナリオを創ろう! 集客数・売上・経費・掲載料・

→もっと見る

  • あなたのヘッドスパも超一流レベルにしませんか?
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑