*

ご存知でしたか?メニュー構成の基本。ヘッドスパリピーター率70%・利用率50%のノウハウ①メニューの構成と考え方

ヘッドスパの利用率やリピーター率がなかなか思うように上がらない。。ヘッドスパのお客様を増やしたいのですが、まず何から始めれば?

そんな相談を沢山頂いていますので、時間のある限り僕がコンサルをさせて頂いているサロンさんの成功した事例内容を分析してブログにアップしていきたいと思います。

ちなみに僕は分析マニア・・。。なので、「なんで?」「どうすれば?」と思うと徹底的に調べて原理や仕組みなどを分析するクセが昔からあります。。。だからカメラマンやマーケティングには向いていたのだと思いますが^^;

ヘッドスパリピーター率70%になるには まず何を?

どうしてもリピーター率を高くしたいと思い、顧客満足度や技術内容を見直して行ってしまいそうですが、そうではないんです。

そうです。セミナーで公開してますが、まずはオーダー率を50%のすることが最初のスタートです。

沢山のお客様がヘッドスパをして下さって、そのお客様が沢山リピーター様になって下さっている状態が理想ですものね^^

ヘッドスパリピーター率アップのコツと考え方

そして、ヘッドスパリピーター率70%にまでなったコンサル先のサロンさんの事例を元に

今回は「①メニューの構成と考え方」を解説し、この先は下記の内容を1つ1つ書解説していきます。少しでもヘッドスパ成功のヒントや参考になれば幸いです。

①ヘッドスパメニューの構成と考え方

②利用しやすいヘッドスパのメニュー構成を考えたら利用率がアップした

③アロマのオプションやトリートメントセレクトのメニューを止めて利用率アップ

④リピート定着するヘッドスパメニュー開発

⑤失敗した販促物の特徴と成功した販促物の特徴

⑥12月に絶対に売れるヘッドスパメニューを考えた

⑦新規のお客様のご来店に繋がるヘッドスパブログの構成と組み立て方法

⑧ヘッドスパ利用率を大きくアップさせた店内アプローチの方法

⑨ヘッドスパ利用率アップと新規のお客様を獲得する為のホームページの見直し部分

⑩スタッフみんなでFacebookやインスタグラムを頑張っても駄目な理由

上記の①〜⑩までを順次掲載していきますね^^

 

さてヘッドスパのリピーター率アップの本題です。

ヘッドスパのメニュー構成をお客様目線で分析してみる

メニュー構成を考える前にまず、「一般的な常識」について考えてみたいと思います。

まず「ヘッドスパメニュー」で検索してみると、こんな検索結果が出ました。

ヘッドスパメニュー Google 検索

順番に見てみましょう。(参考例はGoogleの検索結果1番2番のサロンさんです。)

まず赤枠の1番目 シーマのヘッドスパ

ヘッドスパ人気コース料金ご案内

都内の有名サロンさんですが、流石によく勉強されていてメニュー内容も洗練された感じです。

頭皮重視コース

美髪重視コース

ヨーロピアン

アジアンティック

上記のようなコースを準備してあって、選びやすいようにネーミングや内容が工夫されています。

そして例えばアジアンティックコースでは

日々の生活の中で積み重なった慢性疲労を改善する目的として、力強い指圧技法を中心としたコース。・・・

といったようにコースの中身が分かるような解説が入っています。

 

赤枠の2番目のAVEDA直営店サロンさんでは

ヘッドスパメニューの考え方

<女性専用プライベートルームでお受けいただけるレディスメニュー>

ボタニカル ヘア&スカルプ スパ 80分 <レディス> 80分 13,000円(税抜)

植物の恵みをたっぷりと受けることができるヘアケア&スカルプトリートメントです。

●特に髪の傷みが気になる方、よりなめらかな仕上がりをご希望の方にはオプションとして1,000 円(税抜)にてトリートメント マスクを加えていただけます。

 

エイジングケア※ スカルプ スパ 60分 <レディス> 11,000円(税抜)

髪と頭皮のエイジングケア※ システム「インヴァティ」を使用。ハリ・コシのある豊かな髪に導きます。

※年齢に応じたケアのこと

女性専用・男性用と分けてあったり、AVEDAらしい植物の恵みを打ち出したり、エイジングケアというキーワードも組み込まれていたりしますね。

 

一般的な常識や既成概念で作られているメニュー

特にホームページなどを作る場合、どこかいいサロンのホームページを参考に作って行くことが殆どだと思います。

そして勿論、メニューのページに関しても同様に「サンプルになるページを参考にしながら、独自の内容をなるべく分かりやすく表現して構成する。」のが通常です。

ですので、世の中の90%は同じような構成でホームページのメニューが書かれています。

サロン内に置いてあるメニュー表も同じパターンが多いようです。

勿論、ヘッドスパの内容や料金はサロンによって違っていますが、「メニュー表の構成や考え方が同じ」という意味です。

お客様目線で考えてみると・・

まず、もっとも理解しておいて欲しいことは一般的な大多数のお客様は「 ヘッドスパという言葉は聞いた事がある。」もしくは「やったことがある。」という方が殆どです。

「殆どのお客様はヘッドスパの事を殆ど知らない。もしくは、ヘッドスパが良く分からない。」という事が前提なのです。

 

例えば一眼レフカメラという言葉はご存知ですね。見たこともある方が殆どだと思います。

1dx

では、宝くじで100万円当たって、あなたがもし一眼レフカメラを買うとしたら・・・想像して選んで下さい。

Canon eos 1DX・・・約1810万画素CMOSセンサー

キヤノン:EOS 1D X|概要

35mmフルサイズのセンサーを搭載、キャノンのフラッグシップ機、記録媒体はCFカードCFカード(タイプI、II準拠、UDMA モード7対応)、レンズはキヤノンEF マウント、

オートフォーカスはTTL二次結像位相差検出方式でスポット1点AF(任意選択)、1点AF(任意選択)、領域拡大AF(任意選択上下左右)、領域拡大AF(任意選択周囲)、ゾーンAF(ゾーン任意選択)、61点自動選択AF

電子制御式、フォーカルプレーンシャッター 1/8000~30秒

 

Canon eos7D MarkⅢ・・・約2020万画素APS-Cサイズ

キヤノン:EOS 7D Mark II|概要

APS-C約22.4×15.0mmの撮像画面サイズ、キャノンの最新機種、記録媒体はCFカード(タイプI準拠、UDMAモード7対応)SD/SDHC/SDXCメモリーカード、レンズはキヤノンEF マウント、

オートフォーカスはスポット1点AF(任意選択)、1点AF(任意選択)、領域拡大AF(任意選択上下左右)、領域拡大AF(任意選択周囲)、ゾーンAF(ゾーン任意選択)、ラージゾーンAF(ゾーン任意選択)、65点自動選択AF

電子制御式、フォーカルプレーンシャッター 1/8000~30秒

 

上記の1DXと7DMarkⅢでは、もし買うなら、どちらがいいですか?

どちらの方がより高画質で性能のいいカメラに思えますか?

実はこの2機種には性能的な部分で決定的な違いがあるんです。でも多分、殆どの人は「よく分からい」と思うんです。

勿論、カメラの好きな方は分かると思いますし、僕も全部分かります。

サロンのメニューも同じなんです。

どんなに分かりやすく一生懸命にスペックや内容を写真や文章で解説しても、「よく分からない」というお客様が殆どなんです。

だってヘッドスパの勉強をしたことがないのですから当然です。

 

では実際にお客様はメニューをご覧になって、どのように選んでいるのか?

それは

よく分からないけど、「知っているキーワードから想像して」きっとこれなら!と選んで下さっているのです。

ですからアンチエイジングとか、日々の生活の中で積み重なった慢性疲労とかいうキーワードに、きっとこれが私に合っているわ!と想像してオーダーをしてくれるのです。

想像でオーダーをすると当たり外れが生まれる

「よく分からいけど、きっとコレがいいと思う!」と想像でオーダーをしている状態なので

「お客様が期待しているコトとサロンのヘッドスパで提供できるコト」がマッチしない事が多々起こります。

アンチエイジングという言葉に惹かれてヘッドスパをしてみたら、「お顔がリフトアップしてますね!」と最後に言われたましたが、私としては、自宅にあるローラーでもリフトアップは出来るので、もっとヘッドスパでしか出来ないことや、クマが薄くなったり、ほうれい線が消えたり、たるみが解消されたり・・もっと何か違う部分を期待していました。

そんな事や

日々の疲れを癒やすヘッドスパという事でやって頂きましたが、頭はスッキリしましたが、特に日々の疲れが解消されたような感じではありませんでした。ヘッドスパが終わってからはかえって、だるい感じです。

という事や

思ったより気持よくなかった。向こうが下手だったのか期待しすぎたのか? 

ヘッドスパ感想

などという事も。

 

今回は技術的なお話しではないので、メニュー的に分析して考えていきますが

人間は、どんなに素晴らしい技術やサービスでも「望んでいないものには、あまり価値を感じない」のです。これはリピーター率に直結します。

それから今の時代の特徴ですが「よく分からいものは買わない」そういう時代です。ここはオーダー率に直結です。

そういう前提でヘッドスパのメニューを組み立てたり、カウンセリングや説明の仕方を見直す事がヘッドスパ利用率を高くしていく第一歩目になると思います。

 

優れたものはシンプルである

これは僕がいつも基本としている事です。分かりやすく、喜んで頂けるように・・その想いが強いと複雑になってしまうことが多々あります。

複雑なものは「よく分からい」ものが多いのです。徹底的にシンプルな所からスタートすればいいのです。

オーダーに繋がるメニューを構成する上で大切なのはこの3つ

  1. お客様が知りたいのは「ヘッドスパは自分にとって何なのか?」
  2. 「自分はどのヘッドスパ」をすればいいのか?
  3. ヘッドスパをすると「自分にはどんないいことが」あるのか?

ヘッドスパの人気メニューの構成1

メニューは選びやすくシンプルに!

そしてメニューからカウンセリング、ヘッドスパ施術までが全部繋がっている事をイメージして組み立てるとオーダー率・リピーター率ともにアップしていきます。

是非そんな風に考えてみて下さいね^^

セミナーやコンサルミーティングの時にはもっと細かに説明できると思います。どうぞ宜しくお願いいたします^^

 

今後ヘッドスパはさらに需要が伸びていきます。

今、基本的な部分を見直さないと手遅れになってしまいます。是非、サロンのヘッドスパをメニューから1つ1つ見直して下さいね^^

 

 

 


 

今までの成功や失敗の中から生まれたサロンでのノウハウ公開です。コンサルタントやデスクワークの方が考えたヘッドスパの理想や夢のお話しではありません。ガチで今までやって来たノウハウを全部お伝えします。

ですので

満員御礼!

ヘッドスパのオーダー率アップのコツが分かればパーマ比率も再来率もアップ!

まずは今からさらに注目のヘッドスパで結果を出しましょう!

ヘッドスパリピーター率70%セミナー2

 

企画構成・サポート: 株式会社アトリエシーン 眞田時成

開催:株式会社アトリエシーン・タカラベルモント株式会社 共催

ヘッドスパリピーター率70% オーダー率50%までの道のり全公開セミナー

席数に限りがございます。ご興味のある方はスケジュールをご確認後、今、すぐお申し込み下さい。

セミナー日時
2016年 2月9日 火曜日 13:00 ~ 17:00

セミナー会場
東京
JR山手線「代々木駅」北口より徒歩1分

セミナー料金について
セミナー受講料 30,000円 / 1名
オーナー様 スパ担当者のペア参加 40,000円 / 1組
受講料は税別です。

早割特典 限定10名様に限り 同行者1名 50%OFF

美容健康療法師の資格をお持ち方は5,000円引きとなります。

眞田クーポンコードをお問い合わせ下さい。

 

セミナー詳細はこちらブログを御覧ください。

http://atelier-scene.com/blog/headspa-repeater-rate-up-seminar20160209/

ルパン好きな方はここクリック!

 

 

今後のヘッドスパリピーター率アップセミナーは

3つのSTEPでリピーター率アップ

サロン毎で3回に分けて1つ1つ課題をクリアしながらリピーター率アップの為の仕組みを組み立てて行きます。

1サロン 1回 40,000円(2時間半) x 3回 (消費税・交通費等別途)

サロンごとで内容や現在の状況を分析して最適なリピーター率アップの方法を組み立てて実施していきます。

詳細や日程はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはFacebookメッセージで直接眞田までお願い致します。

https://www.facebook.com/TokinariSanada

Facebook以外の方はお問い合わせより眞田までお問い合わせをお願い致します。

 

あなたのヘッドスパも超一流レベルにしませんか?

 

 

 

集客や販促は1つ1つ丁寧に組み立てていくコトが大切です^^

もし本気でソーシャルメディアを活用したい場合は僕にコンサルティングをさせて下さいね^^

お気軽にお問い合わせ下さい。

眞田時成のコンサルティング詳細はこちら

 

いつもブログを読んで頂いて有り難うございます☆

それでは今日も素敵な一日をお過ごし下さいね☆

 

 

こちらもご参考まで^^

ブログの見直しポイント

http://atelier-scene.com/blog/web_marketibg_blog/
関連リンク
ホットペッパー脱却のシナリオ

http://goo.gl/VP5afq

日本で一番売れてるヘアカタ撮影照明セット
http://www.toki37.com/hair-shooting/

 

関連記事

③リピート定着するヘッドスパ技術とメニューの開発。ヘッドスパリピーター率70%・利用率50%のノウハウ メニューの構成と考え方

今日は少しヘッドスパのリピート率アップに繋がる技術に関わる部分もお話ししますね。 先日の夜にサ

記事を読む

コンサルレポート:現在ヘッドスパリピーター率70% 利用率を43% 次のステップはヘッドスパ利用率を50%に

先日、広島市内の美容室でコンサルミーティング をさせて頂きました☆   僕のさ

記事を読む

プッシュ通知やライン@で気をつけたいこと・出雲の美容室アッベリーレさんで販促コンサルティング。2015/03

おはようございます。今月も島根県の美容室までコンサルティングに行かせて頂きました。 予定より少

記事を読む

ヘッドスパや癒しの技術を日本一のレベルにアップする講座 頭〜首・肩の可動域まで大きく変わるニコニコタッチの技術修得セミナー第一回

身近な美容室に行くことで、髪や顔が美しくなるだけでなく、身体の疲れや、ストレスがしっかり改善されて健

記事を読む

カワイイ ヘアカタ撮影のコツ♫ヘアスタイル撮影マスターセミナー 年間プログラム2015/07 at 松山 美容室ジョージ

皆さんこんにちは! ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクターの

記事を読む

webクーポン設定の仕方_リザービアweb予約システム_スマートフォンアプリ

皆さん、こんにちは。 僕はファッションとビューティーのプロカメラマンで写真やブログ・SNSなどを活

記事を読む

先月の見直しでHPの直帰率が驚きの結果に! 検索上位からの集客導線づくり・・出雲の美容室アッベリーレさんで販促コンサルティング。2015/09

今月も島根県出雲市の美容室アッベリーレさんまで集客と販促のコンサルティングに行かせて頂きました。

記事を読む

ヘッドスパ促進とヘアカタログの充実、紹介カードの見直し・出雲の美容室アッベリーレさんで活性化コンサルティング。2015/01

おはようございます。先日は島根県までコンサルティングに行かせて頂きました。 予定より1時間早く

記事を読む

検索結果を少しでも集客に役立つ結びつく為の見直し☆名古屋の美容室アフェクトさんのHPで解説

皆さんこんにちは! ファッションとビューティーのプロカメラマン・マーケティングアートディレクターの

記事を読む

高松の美容室GIGIさんでスマートフォン撮影からのステップアップセミナー 5/2.2014

もう3ヶ月も前の5月の事ですが・・・ 高松の美容室GIGIさんでフォトセミナー こんにちは!マー

記事を読む

ガチで実例から考える個性を生かしたサロン活性化ミーティング in IZUMO出雲 _ 成長の鍵

こんにちは。またまた久しぶりのマーケティングアートディレクターの眞田で

ガチで実例から考えるスタッフ活性化ミーティング in Okinawa _ スタッフ育成と売上アップ!

こんにちは。久しぶりのマーケティングアートディレクターの眞田です^^

大阪でデザインの組み立て方・魅せる作品創りと撮影のコツを掴むフォトデザインセミナー

今回は大阪で美容師さん向けにフォトデザインセミナーをさせて頂きました。

『ビューティーボックスライト』の使い方/ ヘアスタイル撮影の照明・ライティング

ビューティーボックスライトでのライティングの参考例をご紹介します。

web予約システムで新規客を増やす・ネット予約を増やす方法とポイント① / ホットペッパーを使いこなして脱却する準備をしよう!-④

  さて今回はサロンの為のネット予約の増やし方です。

→もっと見る

  • あなたのヘッドスパも超一流レベルにしませんか?
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑